こんにちは、脱毛サロンリサーチャーのちえです。



デリケートゾーンは、自己処理をするのが難しい箇所のひとつ。



私は、デリケートゾーンの脱毛の自己処理に挑戦したものの、不器用なせいか、うまく脱毛をすることができませんでした。



脱毛サロンでプロのエステティシャンにデリケートゾーンをお手入れしてもらえば、このような不安も解消されますね。



そこで今日は、脱毛サロン最大手のミュゼのデリケートゾーンの脱毛について、見ていくことにしましょう。





ミュゼのデリケートゾーンの脱毛の方法とは?




ミュゼのデリケートゾーンのお手入れは、光脱毛の中でも、スムーススキンコントロール法という肌に優しく痛みを感じにくい脱毛方法を採用しています。



スムーススキンコントロール法を誤解を恐れず簡単に説明すると、専用のジェルを塗り、そのジェルに光を照射することで、ジェルの中にある抑毛成分入りのカプセルが破れて、毛穴に浸透していく仕組みです。



ジェルによって照射熱がある程度抑えられるため、熱による痛みが少ない脱毛方法であり、その人の肌質(肌色や肌の中にある水分量など)によっては、痛みを感じにくい利点があります。



ある程度痛みを抑えられるため、通いやすく、お手入れを重ねていくうちに、ムダ毛のない美しい状態を目指すことができますね。



ミュゼの脱毛効果を実感できるのは、多くの場合、施術2~3回目あたりからです。



脱毛部位やその人の肌色・肌質にもよりますが、早ければ、1回目の施術後2週間くらいで毛がボロボロと抜け落ちるといった脱毛効果を体感することができますね。



さて、ミュゼのデリケートゾーンを脱毛する際、【ハイジニーナ7 VIO脱毛コース】というコースを契約する形になります。



VIO脱毛は、ビキニゾーン7箇所のすべてに対応しています。



ヘソ下・Vライン上・トライアングル上・トライアングル下・Vライン下・Iライン・ヒップ奥など、自分ではお手入れが難しい部分を、綺麗にすることができます。



具体的な脱毛部位は以下の公式サイトにある図をみると一目瞭然です。



ミュゼのハイジニーナ7VIO脱毛コース
(画像引用;ミュゼ・公式サイト)



一般的に光脱毛は痛みを感じにくいといわれていますが、VIOについては肌が薄く照射熱を感じやすいため、ミュゼの口コミサイトでも紹介されているように、ゴムを弾いたような痛みを伴う場合があります。



もちろん、その人の肌質によっては無痛だったという声もあり、個人差があるため、VIO脱毛の際の痛みについては、実際に施術してみないとわかりません。



お手入れが完了してしまえば、基本的に、自己処理の必要がなくなるところが大きな魅力です。



脱毛サロンの施術は、医療ではないため、厳密には永久脱毛ではありませ。



しかし、施術を繰り返すことで、お手入れ不要の美しい肌を長くキープすることが可能です。



私は、痛みを感じにくいということで、光脱毛のお手入れを選びましたが、2年経過した現在でも、ムダ毛が生えてこない綺麗な状態をキープできています。



ミュゼのデリケートゾーンのお手入れの流れ




まず、Vラインについては、ミュゼ独自の【Vラインプレート】というものがあり、そのプレートを使って、事前にVラインの自己処理をしていきます。



具体的な処理方法については、無料カウンセリングで教えてくれますが、カミソリや毛抜きを使うのではなく、直接カミソリが肌に当たらない電気シェーバーを使い、肌にダメージを与えない形で処理をしていくといいです。



なぜなら、自己処理のときに、無理な毛抜きやシェービングを行うと、そこが赤みになったり膿んでしまった場合、その部位は、光を照射できず、脱毛施術ができなくなるからです。



赤みなど肌トラブル箇所が1~2箇所であれば、その部分に専用の保護シールを貼って、それ以外の脱毛を行いますが、箇所が多い場合はその日、施術ができなくなります。



ミュゼでデリケートゾーンのお手入れの当日、専用のガウンと紙の下着に着替えます。



同じデリケートゾーンの脱毛で、脱毛ラボや、湘南美容外科(クリニック)では、下半身スッポンポンになります。



これは一長一短あって、スッポンポンになることで、照射漏れのリスクがなくなり、ムラなく確実に照射できる可能性がたかまるため、より高い脱毛効果が期待できる、という長所があります。



一方、紙の下着の場合は、何よりも恥ずかしい不安が解消されるところにメリットがあります。



紙の下着による照射漏れのリスクですが、ミュゼの場合、スタッフ全員が正社員で、入社時に専門的な教育を受けていることから、そのリスクも比較的抑えられていると考えていいでしょう。



したがって、脱毛サロン初心者の場合、こういう観点からもミュゼはおすすめです。



次に、脱毛箇所にジェルを塗って、お肌を保護します。



光脱毛は、光が黒いもの反応してムダ毛を処理するため、デリケートゾーンのムダ毛の中でも、濃い目の毛の部分を処理する時、そこに熱が集中するため、やや痛みがあります。



施術後は、脱毛箇所をきちんと冷却して、さらにトリートメントをしてお肌を整えてくれるので、脱毛によるお肌の乾燥が気になる場合でも安心です。



光脱毛は、毛周期に合わせて、定期的に脱毛サロンでお手入れを重ねていくことで、ムダ毛のない綺麗な状態を目指すことができます。



お手入れを重ねていく期間中は、ある程度の自己処理が必要となりますが、ムダ毛が少しずつ減ってくるので、お手入れも次第に楽になっていきます。



おすすめの関連記事


⇒アンダーヘア脱毛の痛みや効果は?最適な形と手入れ方法は?

⇒TBCのVIO脱毛の実際は?恥ずかしさ度合と効果の体験談!